プロなら短期間で済みます

鼠

ネズミは住人が気が付かない内に被害を広げている事があるので、早めの対応が必要です。殺鼠剤等の利用でも駆除する事は期待できます。しかし一時的な効果しか得られない事が多いです。駆除しきれない場合はネズミ駆除業者へ依頼した方が確実な結果を得られます。

駆除の時期とポイント

一軒家

アシナガバチ駆除におけるポイントとしては活動が活発化する夏の時期においては特に注意が必要ということ、また、巣にスプレーを吹き付けるときには風上から行い、巣の下から吹き付けないようにするということです。

ダニアレルギーを防ぐため

作業員

血を吸われる回数

ダニに血を吸われると、そこからダニの唾液が体内に入ってきます。この唾液には毒性があるのですが、人間は基本的にこの毒を、自らの免疫力で排除することができます。毒が入ると、その部分が赤く腫れたり痒くなったりするのですが、免疫力が働くことで、こういった症状は数日程度でおさまるのです。ところがたびたび毒が入ってきていると、体は徐々に毒に対して敏感になります。すると過剰に免疫力が働くことで、症状が強く出てくるようになります。これがいわゆるダニアレルギーなのですが、防止するためには、血を吸われる機会を減らすことが肝心と言えます。そのため、ダニに血を吸われた人の多くが、早急に殺虫剤や忌避剤を使ったダニ退治をおこなっています。ダニ退治の開始が早いほど、繁殖が防げる分、血を吸われる可能性が低くなくなるのです。

死骸や糞を除去

ダニ退治後には、その場にはダニの死骸が転がることになります。また、ダニが発生していた場所では、多くの場合糞も転がっています。ダニの死骸や糞は、もともと小さい上に、乾燥すると砕けて粉末状になります。すると空気の流れによって宙を舞うようになるのですが、人は呼吸の際に、これを吸い込んでしまうことがあります。すると、咳や鼻水など、呼吸器系のアレルギー症状が出やすくなります。こういった事態を防ぐために、ダニ退治後は死骸や糞を残さないようにしっかりと掃除することが肝心とされています。死骸も糞もダニの食糧となりますし、食べることでダニは栄養状態が良くなることから繁殖しやすくなります。したがってこれらを除去することは、繁殖を防ぐことにもつながると言えます。

春になったら気を付けて

困る人

キイロスズメバチはスズメバチの中でも人家に適応した種類です。春になると巣を作り出し、冬に巣立ちます。駆除の方法は大きく分けて三つあります。巣の状態や危険性を考えてどうやって対処するかを選択してください。

Copyright © 2017 健康被害を受ける前にダニ退治しよう|対策グッズの使用や業者に依頼 All Rights Reserved.