駆除の時期とポイント

一軒家

特に気を付ける時期

アシナガバチ駆除において気をつけることは、まず刺されることのないように細心の注意を払うことです。アシナガバチは比較的大型のハチですが、スズメバチとは異なり、さほど攻撃的ではなく、こちらから刺激を与えない限りは攻撃しません。また、その毒性についても弱いですが、アナフィラキシーショックを起こすリスクはあります。そのため、対策を立てることが大事です。また、7月から10月にかけて活動が活発化し、特に8月から10月にかけては繁殖期となるので攻撃性が増します。そのため、8月から10月にかけてはアシナガバチの被害が多い時期となります。そのため、この時期にアシナガバチ駆除を行うのであれば特に気をつける必要があると言えます。

吹き付ける位置

アシナガバチ駆除は巣の大きさによっては個人でも行うことができます。巣が小さければハチ用のスプレーを吹き付けることで対応することができます。スプレーを行うときには効果的に駆除できるように、風上から行うことがポイントとなります。また、巣の下から吹き付けるとハチが落ちてきて怪我をするリスクがあるので、巣の真横、あるいは斜め上から吹き付けることがポイントとなります。アシナガバチは日中は巣から出て活動しているので、効果のあるアシナガバチ駆除を考えると、巣にいる夕方から夜、あるいは早朝に行うことがいいと言えます。スプレーを行うとアシナガバチが攻撃してきますが、スプレーを吹き付ける間は耐えることが大事です。

Copyright © 2017 健康被害を受ける前にダニ退治しよう|対策グッズの使用や業者に依頼 All Rights Reserved.